Windows | 0x80004005

このエラーメッセージに関する原因と対処に関して説明します。


スポンサード リンク

エラーID:
0x80004005


原因


ライセンス認証で不明なエラーが発生しました。

スポンサード リンク

対処


手動で再度ライセンス認証を実行します。ライセンス認証の設定から手動でライセンス認証を実行してください。




原因:
不要なネットワークアダプタである 6to4 が多数作成されています。

対処:
デバイスマネージャにおいて、不要なら 6to4 ドライバを削除します。デバイスマネージャの「ネットワークアダプタ」で「非表示のデバイスを表示」後、6to4 ドライバ存在するか確認します。


【対策1】
Windows のトラブルシューティングツールで Windows Update環境に問題ないか確認します。

(1)[Windows]キーを押します。
(2)"WebとWindowsを検索" に"Troubleshoot" と入力します。
(3)"最も一致する検索結果"に"トラブルシューティング コントロールパネル"が表示されるので、これを選択します。
(4)"システムとセキュリティ"で"Windows Updateで問題を解決する"をクリックします。
(5)"Windows の更新を妨げている問題を解決してください。"が表示されるので[次へ]をクリックします。
(6)"管理者のアクセス許可を使用してトラブルシューティングを実行すると、問題を検出できる場合があります。"が表示される場合は"管理者としてトラブルシューティングを実行する"を選択します。

問題の検出が開始されます。

【対策2】
Windows Updateのキャッシュをクリアする手順です。

Windows Updateのキャッシュは以下に保管されます。

C:\Windows\SoftwareDistribution\datastore
C:\Windows\SoftwareDistribution\download
C:\Windows\System32\Catroot2

これらを必要なサービスを停止後に削除します。

Windows Updateサービス、バックグラウンド インテリジェント転送サービスサービス、Cryptographicサービスを停止→キャッシュを削除→停止したサービスを起動の順番で実行します。


(1)念のため復元ポイントを作成し、後で元に戻せる準備をしておきます。
(2)管理者としてコマンド プロンプトを開きます。
(3)以下のコマンドを実行します。

net stop wuauserv
net stop bits
net stop cryptsvc

ren %systemroot%\System32\Catroot2 Catroot2.old
ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old

net start wuauserv
net start bits
net start cryptsvc

関連リンク


スポンサード リンク


このページの情報は個人的に独自に調査した内容です。
よって情報に誤り、誤記、正しくない情報、古い情報、更新された情報が含まれる可能性があります。
本ページを参照することによって発生したいかなる時間的損失、金銭的損害、その他損害は何人も責任を負いません。
あくまでも参考として閲覧してください。
正しい情報は各メーカ、ベンダーにご確認ください。


[Windows エラーコード一覧に戻る]