Windows | 0x800F0922

このエラーメッセージに関する原因と対処に関して説明します。


スポンサード リンク

エラーID:
0x800F0922


原因


Windows Updateサーバへの接続に失敗しました。

スポンサード リンク

対処


以下を確認してください。
(1)インターネットに接続していること。
(2)VPNなど使用していないこと。
(3)Windows updateに必要なサービスが起動されていること。
(4)Windows ライセンスが正規品であること。
(5)PCの時刻が正しいこと。




【対策1】
本手順では、このWindows PC に正しくIPアドレス、及びインターネット上のホスト名が割り当てられているか確認します。

(1)管理者権限でコマンドプロンプトを開きます
(2)以下のコマンドを実行します。
C:\>ipconfig | findstr /C:"IPv4 アドレス"

ここで正しいIPアドレスが表示されれば、IPアドレスが割り当てられていることが確認できます。

(2)以下のコマンドを実行します。
C:\>ipconfig | findstr /C:"接続固有の DNS サフィックス"

ここでプロバイダから割り当てられるホスト名が表示されれば、プロバイダから正しくホスト名が割り当てられていることになります。

【対策2】
Windows Updateは以下のサービスが起動している必要があります。

・Background Intelligent Transfer Service
・Cryptographic Services
・Windows Update


以下のコマンドを実行して、サービスが起動しているか確認します。
(1)念のため復元ポイントを作成し、後で元に戻せる準備をしておきます。
(2)管理者としてコマンド プロンプトを開きます。
(3)以下のコマンドを実行します。

・Background Intelligent Transfer Service が起動しているか確認するコマンド
C:\sc qc BITS | findstr STATE

・Cryptographic Services が起動しているか確認するコマンド
C:\sc qc CryptSvc | findstr STATE

・Windows Update が起動しているか確認するコマンド
C:\sc qc wuauserv | findstr STATE

起動していない場合は以下のコマンドにより各サービスを起動します。

C:\sc start BITS

C:\sc start CryptSvc

C:\sc start wuauserv

関連リンク


スポンサード リンク


このページの情報は個人的に独自に調査した内容です。
よって情報に誤り、誤記、正しくない情報、古い情報、更新された情報が含まれる可能性があります。
本ページを参照することによって発生したいかなる時間的損失、金銭的損害、その他損害は何人も責任を負いません。
あくまでも参考として閲覧してください。
正しい情報は各メーカ、ベンダーにご確認ください。


[Windows エラーコード一覧に戻る]