Windows | Windows バックアップでソース ボリュームに共有保護ポイントを作成できませんでした。

"Windows バックアップでソース ボリュームに共有保護ポイントを作成できませんでした。" というエラーメッセージに関する原因と対処に関して説明します。


スポンサード リンク

エラーID:
0x8078006B

エラーメッセージ(日本語):
Windows バックアップでソース ボリュームに共有保護ポイントを作成できませんでした。


原因


共有保護ポイントの作成に失敗しました。
Microsoft Software Shadow Copy Providerサービスに問題がある可能性があります。

スポンサード リンク

対処


Microsoft Software Shadow Copy Providerサービスが無効化されていないか確認します。「ファイル名を指定して実行」より"services.msc" を実行し、該当のサービス設定を確認します。




【対策1】
Windowsを再起動して改善するか確認します。
(1)スタート画面から[電源]を選択します。
(2)[再起動]を選択します。
(3)OSの再起動が完了したら再度ログオンします。
(4)状況が改善したか確認します。



【対策2】
イベントログを確認し、障害の原因が記録されていないか確認します。
(1)[Win]キーと[R]キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。
(2)"eventvwr"と入力して[OK]を押します。

以上でイベントビューアーが起動され、ログの確認が可能となります。

関連リンク


スポンサード リンク


このページの情報は個人的に独自に調査した内容です。
よって情報に誤り、誤記、正しくない情報、古い情報、更新された情報が含まれる可能性があります。
本ページを参照することによって発生したいかなる時間的損失、金銭的損害、その他損害は何人も責任を負いません。
あくまでも参考として閲覧してください。
正しい情報は各メーカ、ベンダーにご確認ください。


[Windows エラーコード一覧に戻る]