Windows | セキュリティに危害を与える試みが検出されました。認証したサーバーに連絡してください。

"セキュリティに危害を与える試みが検出されました。認証したサーバーに連絡してください。" というエラーメッセージに関する原因と対処に関して説明します。


スポンサード リンク

エラーID:
0xc0000388

エラーメッセージ(日本語):
セキュリティに危害を与える試みが検出されました。認証したサーバーに連絡してください。


原因


MS16-101 適用により、パスワード変更時にKerberos 認証に失敗した後、NTLM認証を代替する機能が無効化されました。この場合、STATUS_NO_LOGON_SERVERS (0xc000005e)エラーが戻されます。

セキュリティ対策として、認証のフォールバック、ダウングレードが無効化されたようです。以下のメッセージが表示されます。
0xc0000388 (STATUS_DOWNGRADE_DETECTED)

スポンサード リンク

対処



KPasswdであるTCP ポート(TCP 464)がブロックされていないことを確認します。ブロックされる可能性は以下の通りです。

・クライアント側のパーソナルファイアウォール
・通信経路のFirewall
・サーバ側のWindows Firewall

(*)TCPポート 464 はkerberos のパスワード変更です。



関連リンク


スポンサード リンク


このページの情報は個人的に独自に調査した内容です。
よって情報に誤り、誤記、正しくない情報、古い情報、更新された情報が含まれる可能性があります。
本ページを参照することによって発生したいかなる時間的損失、金銭的損害、その他損害は何人も責任を負いません。
あくまでも参考として閲覧してください。
正しい情報は各メーカ、ベンダーにご確認ください。


[Windows エラーコード一覧に戻る]