Windows | 指定されたログオンセッションは存在しません。そのセッションはすでに終了している可能性があります。

"指定されたログオンセッションは存在しません。そのセッションはすでに終了している可能性があります。" というエラーメッセージに関する原因と対処に関して説明します。


スポンサード リンク

エラーメッセージ(日本語):
指定されたログオンセッションは存在しません。そのセッションはすでに終了している可能性があります。

エラーメッセージ(英語):
A specified logon session does not exist. It may already have been terminated.


原因


KB3189866 (バージョン 1607)を適用すると、Windows認証に関する資格情報がクリアされ、今まで接続出来ていた共有に接続できなくなる場合があります。

スポンサード リンク

対処


資格情報を再作成します。

(1)[コントロールパネル]を起動する。
(2)表示方法で「カテゴリ」を選択する。
(3)[ユーザーアカウント]で[資格情報マネージャー]を選択。
(4)[Windowsの資格情報]を選択。
(5)[Windowsの資格情報の追加]を選択。

インターネットまたはネットワークのアドレス:接続先ホスト名あるいはIPアドレスを入力する。

ユーザ名:共有に接続に使用するユーザ名を入力する。
パスワード:上記ユーザ名のパスワードを入力する。

(6)再起動。



関連リンク


スポンサード リンク


このページの情報は個人的に独自に調査した内容です。
よって情報に誤り、誤記、正しくない情報、古い情報、更新された情報が含まれる可能性があります。
本ページを参照することによって発生したいかなる時間的損失、金銭的損害、その他損害は何人も責任を負いません。
あくまでも参考として閲覧してください。
正しい情報は各メーカ、ベンダーにご確認ください。


[Windows エラーコード一覧に戻る]