Windows | インターフェイス イーサネット の更新中にエラーが発生しました: ネットワーク制御ブロック (NCB) に指定した名前がリモート アダプターで使用されています。NCB はデータです。

"インターフェイス イーサネット の更新中にエラーが発生しました: ネットワーク制御ブロック (NCB) に指定した名前がリモート アダプターで使用されています。NCB はデータです。" というエラーメッセージに関する原因と対処に関して説明します。


スポンサード リンク

エラーメッセージ(日本語):
インターフェイス イーサネット の更新中にエラーが発生しました: ネットワーク制御ブロック (NCB) に指定した名前がリモート アダプターで使用されています。NCB はデータです。

エラーメッセージ(英語):
An error occurred while renewing interface local area connection. The name specified in the network control block is used on a remote adapter. The NCB is the data.


原因


ipconfig /renew で IPアドレスを取得してもこのエラーが発生する場合があります。ネットワーク機器が起動中の可能性があります。

スポンサード リンク

対処


ネットワーク機器が起動されるまで待ちます。あるいはネットワーク機器を一度オフにした後、十分時間を待ってから再度オンします。




【対策1】
本手順では、このWindows PC に正しくIPアドレス、及びインターネット上のホスト名が割り当てられているか確認します。

(1)管理者権限でコマンドプロンプトを開きます
(2)以下のコマンドを実行します。
C:\>ipconfig | findstr /C:"IPv4 アドレス"

ここで正しいIPアドレスが表示されれば、IPアドレスが割り当てられていることが確認できます。

(2)以下のコマンドを実行します。
C:\>ipconfig | findstr /C:"接続固有の DNS サフィックス"

ここでプロバイダから割り当てられるホスト名が表示されれば、プロバイダから正しくホスト名が割り当てられていることになります。

【対策2】
IPアドレスの再取得を行います。
プロバイダ、ホームルータ、DHCPサーバなどからIPアドレスを取得しているが、正常に取得できていない可能性がある場合は、このコマンドで再取得を行います。

(1)管理者としてコマンド プロンプトを開きます。
(2)以下のコマンドを実行します。

C:\>ipconfig /renew

【対策3】
DNS キャッシュをフラッシュします。

(1)管理者としてコマンド プロンプトを開きます。
(2)以下のコマンドを実行します。

ipconfig flushdns

【対策4】
「ネットワークの問題の識別と修復」を使用してネットワークの問題を検出する方法です。

(1)スタートボタンを右クリックし、[検索]を選択します。
(2)検索ボックスに以下を入力します。ダブルクォートの入力は不要です。


"ネットワークのトラブルシューティング"


(3)「ネットワークの問題の識別と修復」をクリックします。

(4)Windows ネットワーク診断が開始されます。

診断結果としてエラーが発生した場合は指示に従い修復します。

関連リンク


スポンサード リンク


このページの情報は個人的に独自に調査した内容です。
よって情報に誤り、誤記、正しくない情報、古い情報、更新された情報が含まれる可能性があります。
本ページを参照することによって発生したいかなる時間的損失、金銭的損害、その他損害は何人も責任を負いません。
あくまでも参考として閲覧してください。
正しい情報は各メーカ、ベンダーにご確認ください。


[Windows エラーコード一覧に戻る]