Windows 同じユーザーによる、サーバーまたは共有リソースへの複数のユーザー名での複数の接続は許可されません。サーバーまたは共有リソースへの以前の接続をすべて切断してから、再試行してください。

"同じユーザーによる、サーバーまたは共有リソースへの複数のユーザー名での複数の接続は許可されません。サーバーまたは共有リソースへの以前の接続をすべて切断してから、再試行してください。" というエラーメッセージに関する原因と対処に関して説明します。


エラーID:
ERROR_SESSION_CREDENTIAL_CONFLICT

エラーメッセージ(日本語):
同じユーザーによる、サーバーまたは共有リソースへの複数のユーザー名での複数の接続は許可されません。サーバーまたは共有リソースへの以前の接続をすべて切断してから、再試行してください。

エラーメッセージ(英語):
Multiple'-connections'-to'-a'-server'-or'-shared'-resource'-by'-the'-same'-user,'-using'-more'-than'-one'-user'-name,'-are'-not'-allowed.'-Disconnect'-all'-previous'-connections'-to'-the'-server'-or'-shared'-resource'-and'-try'-again.


原因


同一のリソースに異なるユーザ名で接続しようとしました。例えば以下のコマンドを発行しました。

(1)net'-use'-*'-\\10.0.0.1\share01

(2)net'-use'-*'-\\10.0.0.1\share01'-/user:user01

(1)はクライアントのローカル側でログオンしているユーザ名で認証されました。しかし(2)では明示的に'-user01でログオンしていますが、(1)のユーザ名と異なる場合にこのエラーが発生します。

対処


同じユーザ名でログオンするか(その場合は認証が不要になる場合あり)、あるいは一度'-現在の共有接続(net'-use'-<共有名>'-/d'-など)を切断してから再度'-共有を実行します。



関連リンク



"> "> "> 名前(必須):

コメントを入力するにはあなたがロボットでないことの証明が必要です。下のボックスに五九六三を半角数字4桁で入力してください。(一二三四 なら 1234 )
4桁番号(必須)

コメント(必須):


このページの情報は個人的に独自に調査した内容です。
よって情報に誤り、誤記、正しくない情報、古い情報、更新された情報が含まれる可能性があります。
本ページを参照することによって発生したいかなる時間的損失、金銭的損害、その他損害は何人も責任を負いません。
あくまでも参考として閲覧してください。
正しい情報は各メーカ、ベンダーにご確認ください。


[Windows エラーコード一覧に戻る]